BLOSSOMの思い

人は本来みな光に満ちて、のびやかに健やかに、それぞれに個性的で美しい輝きを発しながら生きることができる存在です。たとえ困った状況に直面して本来の輝きが弱まったとしても、ちゃんと元の輝きに戻っていける、その強い力を私は心から信頼しています。

ストレスの多い現代に生きる私達は、心や体が辛くなってしまう時もあります。疲れて本来の輝きが弱まってしまった時、人生の流れを良い方向に変えたい時、過去を癒し新しい自分を生きたい時、本来の輝きを取り戻すお手伝いをさせていただければ幸いです。

また、日本の女性は長く続いた男性原理の社会の中で、仕事や家庭での役割に追われ、男性性優位、左脳優位の生き方を強いられている方も多いと感じています。同時に男性もこのような社会の中で、競争や支配、強さ、父性原理を生きることを強いられ、「男らしさ」の自己像にしばられて気の張る生き方をせざるを得ず、疲れを溜め込んでいる方も多いかもしれません。

男性も女性も、Beingとして本来の自分らしい在り方を取り戻し、競争から共生へ、支配から優しさと思いやり、受容性へと変容していく時代・・・。そのような流れの中で、より自分らしくのびやかな生き方へとシフトするサポートをさせていただければ幸いです。

BLOSSOMというサロン名には、そんな思いを託しました。人はみな、自分らしい花を咲かせる、自らの力で満開に咲かせる力を持っています。本来の輝きを取り戻し、思い出し、花開き、ますますBLOSSOM(満開)になるお手伝いをさせていただければ光栄です。

プロフィール

BLOSSOMセラピスト 藤丸 祐代

藤丸 祐代Sachiyo Fujimaru

・公益社団法人 日本心理学会 認定心理士
・シータヒーリング® インストラクター(基礎・応用DNA、豊かさ)
プラクティショナー(基礎・応用DNA、豊かさ、ソウルメイト、ゲーム・オブ・ライフ、ワールド・リレーションズ、超感覚的解剖学、DNA3、存在の層)
・アクセス・バーズ® ファシリテーター
・アクセス・ボディプロセス® ファシリテーター
・アクセス・フェイスリフト®ファシリテーター
・レムリアン・ヒーリング® プラクティショナー

1964年生まれ
青山学院大学 文学部 日本文学科卒
日本ビクター(株)人事部勤務を経て、徳島県庁で行政職として12年間勤務の後、2002年、38歳の時に慢性疲労症候群を発症し、治療・静養のため退職しました。

その後10年以上の療養生活を経験し、様々な優れた代替療法に出会いました。東洋医学、鍼灸、メディカルアロマテラピー、オステオパシー、ロシアの波動共鳴療法、ドイツのバイオレゾナンス・メソッド、ホメオパシー、分子栄養学、食事療法、自然療法、トラウマ解放エクササイズ、アクセス・バーズ、アクセス・ボディプロセス・・・。

「人はなぜ病気になるの?病気って何?本当の健康って?病はどのようにして癒えていくの?心が体に与える影響は?」自らの病気と回復のプロセスの中で様々な治療法を体験しながら、効果のあった治療法についての学びを深めました。

特に、ロシアやドイツのエネルギー療法の効果は素晴らしいものでした。目には見えないエネルギー・ボディに働きかけることで体調が整う体験が、ヒーリングを学ぶ契機となりました。

病気からある程度回復した頃、通信制大学で基礎心理学、臨床心理学、深層心理学、心理療法を学び、同時にヒーリングを学び始めました。深層心理学は二十代の頃にユングの自伝を読んで深い感銘を受け、人間の心の深層について、夢や象徴、ビジョンとして表れる無意識の世界についていつか学びたいと思っていました。病気による人生の方向転換が、私に深層心理学やヒーリングを学ぶ機会を与えてくれることとなりました。

自らの病気と回復のプロセスの中で多くのことを学び、大切なことに気付かされました。人間には自ら治ろうとする強い力があり、その力を信頼し体の叡智に委ねることの大切さ、感情の抑圧や心の葛藤、ストレス、トラウマ、意識の深層に隠れている信念体系などが体調に大きな影響を与えていること、心と体は密接につながっており、エネルギー・レベルでも一体であること、心と体とエネルギー・ボディという全体的な視点が大切だということ・・・。

私の回復への道はまだ途中です。シータヒーリングやアクセス・ボディプロセスなどで自ら心と体とエネルギー・ボディを整えつつ、完治への道、セラピストとしての学びの道を歩んでいます。

徳島のカウンセリング&ヒーリングサロン|BLOSSOM[ブロッサム
〒770-8070徳島県徳島市八万町
新貝56-53(文化の森の近く)
予約制10:00〜18:00
※遠隔セッションは18:00以降も可
定休日 / 日曜日・祝日