モッコウバラ花盛り&心理カウンセリング☆

モッコウバラ4月23日1

こんにちは☆

今日は青空が美しい日曜日でしたね。サロンのモッコウバラが花盛りです。

ほとんどお手入れもしていないのに、毎年ちゃんと咲いてくれる可愛い子です♡

モッコウバラ4月23日2

今週は、心理カウンセリングアクセス・ボディプロセスなどのセッションをさせていただきました。

はじめての方もお2人、心理カウンセリングにお越しいただきました。新しいご縁に感謝です。

心理カウンセリングには様々な手法があります。私は、ユング派心理療法の手法を主に用いて、カウンセリングをさせていただいてます。

日本の心理カウンセリングの主流は、フロイトの精神分析学派、ロジャーズの来談者中心療法、認知行動療法などで、ユング派はマイナーな部類に入ると思います。

ユング派は、セラピストとクライアント様との「相互作用」を大切にします。

人と人、心と心、その「響き合い」から生まれてくるもの、そして、クライアント様の中にある「自ら治る力」を心から信頼すること、などが特徴です。

クライアント様の事情によっては、アドバイスを求めておられる場合もありますが、それは最小限にとどめます。

ただ思いつくままに、心に浮かんだことをお話しいただき、お話ししているうちに、ご自身がふと「気付く」ことの中に、大切な答えがあることが多いのです。

「あ、私、本当は〇〇したいんだって、今、気付きました。」と、今週、クライアント様がおっしゃいました。

私はただ「そこにいるだけ」「お話を聴いているだけ」であり、クライアント様の内面を映す「鏡」のような存在です。

また、抑え込んでしまった「思い」を表に出していただくことも大切にしています。

ユングは「あなたはその時、どのように感じましたか?」「あなたはその出来事を、どのように解釈しますか?」などの問いかけを、ふわっふわっと投げかけます。

問いかけに対して、クライアント様がご自身の内面に目を向ける時、大切な「気付き」と「解放」が訪れることが多いのですね。

ユングはサイキックな人でしたから、ゆるやかにリーディングしながら聞いていたんだと、最近つくづくそう思います。

問題の本質に対する「読み」は心にとどめておいて、決して口には出しません。

心理カウンセリングをさせていただく度に、ユングに対する尊敬の念が深まっていきます。

本当に、とても奥が深いものなのです。

セラピストとクライアント様の「相互作用」には、セラピストも学び、成長していくという面も含まれています。

多くの経験を積ませていただいていることに、心から感謝です♡

月別アーカイブ

徳島のカウンセリング&ヒーリングサロン|BLOSSOM[ブロッサム
〒770-8070徳島県徳島市八万町
新貝56-53(文化の森の近く)
予約制10:00〜18:00
※遠隔セッションは18:00以降も可
定休日 / 日曜日・祝日